読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

明日は読書会です。

4月17日(金)10時から12時は〈子どもの本の読書会〉です。かつてあった貿易センタービルで綱渡りした実話をもとにした『綱渡りの男』という絵本について話します。今までの絵本とはちょっと違うので、どんな話が出るのか楽しみです。 13時半から1…

図書館まつりが終わりました。

28日の読書会は村上春樹の短編『緑色の獣』を朗読して、参加者の皆さんと語り合いました。厚みのある読み方ができたことには、男性の方々が参加して下さったところが大きかったと思います。ありがとうございました。 また、3世代での参加、家族での参加もあ…

火星から来た男

今日の読書会は、午前が『三びきのこぶた』で午後がル・グィンの『オメラスから歩み去る人々』でした。どちらもよくよく考えると、欧米人的な感覚に無理をしてついていっているところがあるのに気づいて、それじゃ、日本人的感覚って何なんだろうと考えてし…

明日は読書会です。

寒いですね~。風邪ひきそうです。 すみません、読書会の連絡を忘れていました。 明日、1月23日は〈ピッピのくつした〉の活動日です。場所はいつもどおり市民フォーラム3階、多目的室です。 ★10時~12時 子どもの本の読書会 「三びきのこぶた」(福…

読書会のお知らせ 村上春樹「沈黙」

春の図書館まつりは〈ピッピのくつした〉として小学生向けの絵本を体感する演劇ワークショップと中学生以上向けの読書会をしようと思っています。村上春樹の作品にしようということになり、メンバーのYさんに「沈黙」という作品が良いのではないかとていあ…

読書会の報告 マイ・マザー

14日の金曜日は読書会でした。新しいメンバーも増えて嬉しいです。 午前と午後、2つの読書会から、いつもなぜか共通のテーマが見えてきます。今回の共通テーマは〈母親を乗り越える〉ということだったような気がしますよ 午前中、子どもの本読書会の課題…

大いなる沈黙へ 読書会についてもちょっと

片耳が難聴ということでしばらく映画を観ていなかったので、12日、久し振りに近くの映画館に行ってみました。何を観ようか迷ったのですが、子ども時代からの友人とメンバーのKさんが観たと言ってた『大いなる沈黙へ』にしました。 フランスのアルプスの山の…

『3びきのくま』と『エレンディラ』

今日はトルストイの絵本『3びきのくま』とガルシア・マルケス『エレンディラ』の読書会がありました。 『エレンディラ』は、ちくま文庫のタイトルだと「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」となっています。確かに、その通りの物語です…

「ノルウェイの森」読書会と詩のワークシッョプ

まず、昨日の「ノルウェイの森」読書会の報告です。 11人の参加で前回より少なかったのですが、今回はむしろ少なくて盛り上がったのかなと思いました。性描写についての議論など気楽にできるメンバーだったので、より深く掘り下げられたかな~と思いました…

突発性難聴 と 「ユリイカ」今月の作品 と 今月のピッピの活動

突発性難聴で左耳の聴力が落ちているせいなのかわかりませんが、今朝、家の傍の細階段で転倒してしまいました。 感覚が鈍っていても、転倒する前の、ああ、これはもう自分の体を支えるには手遅れだなと諦めて運命に任せてからの間が、案外長いものですよね。…

ムーミンパパ海へいく

夏バテに効くかと、ヘチマ入り焼きうどんを食べました。あっさりした味でおいしかった。写真後方にちらりと見えているやつです。 手前の文庫はトーベ・ヤンソンです。新装版じゃない、だいぶ前に買った古い講談社文庫です。中身は黄ばんでましたが、表紙のイ…

発熱/読書会のお知らせ

耳鳴りがするし疲れがひどいので、なんとなく熱を計ってみたら37度ありました。風邪かなぁ? とにかく起きていると疲れるのは確かで、何度か横になって休みました。外出も避けました。 DVDでホドロフスキーの「エル・トポ」を観て、村上春樹の「ノルウ…

「ノルウェイの森」読書会のお知らせ

8月29日(金)に、第二弾夏休み企画の若者歓迎読書会を開催します。課題本は村上春樹『ノルウェイの森』です。この機会に読んで、参加してみて下さい。 町田市市民フォーラム3階多目的実習室、時間は13:30~15:30です。 今日、何年かぶりに再…

「人間失格」の読書会をやりました。

中学生、浪人生、大学生の参加もあり、なかなか刺激的な、贅沢な読書会となりました。この作品は好き嫌いが別れる作品だとは思いますが、それ以前にやっぱり読む年代によって受け取り方に違いがあるんだなぁということが実感できました。 どこまで共感できる…

明日は「人間失格」の読書会です。

お昼に冷やし中華を食べました。 朝、トマトときゅうりをたくさん食べてしまったのでそれはやめて、レタスとじゃこと卵焼きと厚揚げも焼いて乗せました。おいしかったけれど、ちょっと足りなかった…私には。 いくら暑くても食欲がなくなりません(涙。ダイエ…

25日の連絡/中・高・大学生と一緒に読書会

7月25日(金)13時半から、町田市民フォーラム3階多目的室にて、太宰治「人間失格」の読書会があります。夏休み企画として、中・高・その他学生さん向けの本を選びましたので、気軽にご参加下さい。 読書会は正しい読解の答えを見つけることをめざすのではな…

25日は太宰治「人間失格」の読書会です。

7月25日(金)13時半から、町田市民フォーラム3階多目的室にて、太宰治「人間失格」の読書会があります。 夏休み企画として、中・高・その他学生さん向けの本を選びましたので、気軽にご参加下さい。親子で一緒に…は読まないと思いますが、個々に読んで参加…

久しぶりに読書会の報告(簡単ですが)

やはり読書会は、面白いですね。たまには写真も載せておきます。 まず、午前中はアンデルセンの『雪の女王』について。 みんなで色々話をして、何度も脱線したりしているうちにだんだんと物語が読み解けていって、「深いねぇ…」と唸ってしまいました。 ディ…

『ユリイカ』(7月号)今月の作品と読書会予告

『ユリイカ』の今月の作品に掲載していただき、ありがたいです。勉強させてもらっているという実感があります。 で、今回投稿したのは「本当のことを言う」という詩で、メンバーのプー子さんとのことを題材にしているのですが、「本当のことを書きすぎ!」と…

「まえのひ」 詩の読書会はいかがでしたか?

ブログを更新できていなくて、すみません。 昨日は川上未映子さん「まえのひ」という詩の読書会でしたが、いかがでしたでしょうか? 私は出席できませんでしたので、教えていただけると有難いです。 この詩は3・11を踏まえているのだと思いますが、そのこ…

読書会のお知らせ

明後日、5月9日(金)町田市民フォーラム3階多目的室で読書会を開催します。 ①10時~12時 子どもの本の読書会 絵本『はっぴいさん』荒井良二 本はその場で朗読しますので読んでこなくても大丈夫です。絵本の話だけでなくあれこれ情報交換などしています。 ②…

交流会ワークショップの報告 と 読書会の予定

純粋な公民館時代にあった交流会がしばらく開催されておらず、利用者同士の横のつながりが希薄になっていました。確かに、営利団体?宗教団体?とお隣の部屋の活動が気になること、よくあります。 ということで、町田市生涯学習センター利用者交流会が行われ…

読書会『地獄』『冥土めぐり』/詩「まえのひ」

3・11から3年が過ぎました。(九州で少し大きな地震があったみたいですね。) 3年前の今頃の気持ちを思い出すと身震いします。自分の意識があまりに変わってしまって、1年後の2012年3月から、詩と小説を書き始めました。忙しさを理由にやらなくな…

読書会のあと、また大雪

まさか、こんなに雪が降るとは思わなかったですね~、読書会、雪のわりには出席者も多かったです。 読書会の一冊目は絵本『すてきな三にんぐみ』です。有名な作家、フランスからアメリカに渡った頃の若きトミー・ウンゲラーが娘さんのために描いた絵本。孤児…

明日は読書会/3月29日の演劇ワークショップ

3月29日には演劇ワークショップが2つあります。ぜひご参加下さい。無料です。 手元の携帯の写真ですみません。 それから、明日、2月14日には読書会があります。 午前中10時からは、トミー・ウンゲラーの絵本『すてきな三にんぐみ』、午後13時半からはミラン…

『悪童日記』と『かもめのジョナサン』

読書会の報告が遅くなりました。 皆さん忙しいので1日にふたつの読書会を入れているのですが、2冊が関連するときと違うときとあります。今回は距離があったところが面白かったですね。 1冊目はリチャード・バック『かもめのジョナサン』、2冊目はアゴタ…

グレート・ギャツビー

昨日は新しい参加者も迎え、フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』の読書会でした。あらためて読んでみて、やはりすごい小説だなぁと思いましたし、読書会も刺激的でした。 貧しい生まれながらお金持ちになったギャツビーと上流階級に生まれたデイジー…

今後の予定

そろそろ年末に近づき、みなさん忙しいので、一日の活動日に盛りだくさんな内容です。 今月6日、午前中はバーニンガムの絵本『いつもちこくのおとこのこ ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー』(谷川俊太郎訳)の読書会です。ワークショップの要素…

『ぐりとぐら』と『箱男』 

今日のピッピの活動は、午前中は絵本『ぐりとぐら』の読書会、午後は安部公房『箱男』の読書会でした。メンバーは入れ替わりますが、続けて参加の方も多いんです。 あまりにも違いすぎる…と思いますよね。このギャップ。 でも、やってみたら、理屈よりも五感…

センダック『かいじゅうたちのいるところ』  ワークシッョプ と 堀辰雄『風立ちぬ』読書会

今月の活動日です。午前中は子どもの本の読書会。今回はちょっとだけワークシッョプ的ウォーミングアップをしてから、モーリス・センダック『かいじゅうたちのいるところ』をとりあげました。 実は、この絵本、11月の公民館のダンスの講座で使おうと思って…

昨日は子どもの本の読書会

読書会テーマは、サン・テグジュペリ『星の王子さま』でした。これって、子どもの本かな? という疑問から、一時期たくさん出た様々な翻訳本の違い、映画やマンガの解釈の話にもなり、あちこちに飛んで盛り上がりました。 そして、今話題のアニメ映画『風立…

ささやかだけれど役にたつ読書会

昨日の続き。 そうそう書き忘れるところでしたが、私たちの〈ささやかだけれど役にたつ読書会〉はごく初期、カーヴァーの短篇『ささやかだけれど役にたつこと』をとりあげたことからネーミングされているんです。というか、カーヴァーを読むことから始まった…

まとめて活動する

みなさん、暑いし、忙しいし、参加するだけで大変。でも、一日に活動を3つも重ねるというのはいかがなものかと思いましたが、老化防止には良いのかな~。参加者は13人。以下、この12日(金)の読書会のもようです。 午前の部…子どもの本の読書会 シルヴ…

ダブル読書会

↑子どもの本の読書会の様子です。課題は絵本『ザガズー じんせいってびっくりつづき』で、8人の参加です。子どものそのときどきの変化(成長)をいぼいのししや毛むくじゃらの生きものにたとえるところがリアルで面白いのですが、どうしたわけか親の変化(…

『おぼえていろよ 大きな木』読書会

佐野洋子『おぼえていろよ 大きな木』という絵本の読書会をしました。ここに出てきてなにかと「おぼえていろよ」と捨て台詞を吐く“おじさん”、と“大きな木”をどう読むかということなんですけど、大人はつい夫婦や母子の比喩ではないかなどあれこれ飛躍させて…

ワークショップと読書会

5月24日のクショップは体を動かすものが多く、かなりヘトヘトになりました。そうとうストレス解消なったのではないかな。体を動かしたせいか、詩をつくるワークショップも言葉がどんどん出てきて、頭を働かせる前にやっぱり体を動かすことが大事なんだな…

第一回目子どもの本の読書会(ちょっと追加)

★ 演劇でお世話になっているわたなべなおこさんの主宰する劇団「あなさーわーくす」の公演が17、18、19日とあります。来週はそのことを踏まえて演劇について書こうかなと思います。公演詳細はこちら→ http://anaza.jimdo.com/ ★ 部屋を借りずに団活コ…

4月の“ささやかだけれど役にたつ読書会”

J・M・クッツェーの『恥辱』の読書会をしました。3月の国際文芸フェスティバルで、ノーベル文学賞作家のクッツェー氏の朗読を聞いて感銘を受けた(英語は苦手ですが、やはり伝わってくるものがありました)こともあってかなり読み込んでいたのですが、あ…