読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

水族館と文学

時間があったので、ひとりで江ノ島水族館に行ってきました。小説を書くヒントでもないかなぁ…と。

f:id:machienpro13:20160329120000j:plain

なんでかわからないけれど、入ってすぐ、真ん中の巨大水槽が気になりまして。

かなりの高さがあるこの水槽は面白い形をしていて、複雑に岩が組み合わさってもいます。たくさんの種類の魚が泳いでいます。実際の海中を模しているのでしょう。

f:id:machienpro13:20160329134300j:plain f:id:machienpro13:20160329134100j:plain

イルカショーも見たし、くらげも好きで見とれちゃうのですが、ついまた大水槽に戻ってしまいます。

だって、何千匹ものマイワシたちが、まるで絵本『スイミー』のようにひとつの生き物みたいに泳いでいるんです。

f:id:machienpro13:20160329141900j:plain f:id:machienpro13:20160329144400j:plain

いや、そういうレベルを越えています。動きがヤバい感じ。まるで宮崎アニメ。

f:id:machienpro13:20160329144300j:plain f:id:machienpro13:20160329141800j:plain 

水槽の中に気持ちが入り込んで、しばらく動けなくなってしまいました。

そして、もしかしたら、小説の中に入り込むというのはこういうことなのかなぁ…という気がしてきたんです。全然違う世界に、入ってしまうんですよね…。