物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

ワークショップと「コンビニ人間」読書会

昨日のピッピの活動。

午前中は「非言語コミュニケーション」というお題をいただいたので、言葉を使わないで、更にグループになって伝え合う演劇ワークショップをしてみました。小学生が3人参加してくれたので、大人とは違う視点の表現の幅も広がりました。

f:id:machienpro13:20170721211431j:plain

すみません。この暑さと寝不足で疲れていたもので、ウォーミングアップのゲームは省いていきなり本題に。このへんは中盤、昔話をグループで演じるための相談をしているところの写真です。

f:id:machienpro13:20170721211437j:plain

桃太郎、一寸法師、おむすびころりんをサイレントで演じてもらったところ、臨場感あふれるダイナミックな演技となって、みごたえありました。

f:id:machienpro13:20170721211444j:plain

午後は、村田紗耶香「コンビニ人間」の読書会。

村田氏の小説の中でも群を抜いて成功している作品だと思うのですよね。様々な側面から読めると思いましたので、まず参加者皆さんの意見をそれぞれ語っていただきました。

こういう場合、みなさん協調性があるので、どうしても他の人の感想を踏まえたリ、他の意見にひっぱられるということがあるものですが、今回は違った印象。それぞれみなさんまったく違ったことをおっしゃっていて、それに気がつかれていない様子に驚きました。

やはり「コンビニ人間」は、色々な要素がどういうカラクリなのかパチッと合ってしまって、絶妙な世界が描かれてしまっているのですね。そのみごとさ。小説世界の深さを思い知らされました。

プロフェッショナルとして小説を書くこととプロフェッショナルとしてコンビニ店員となることが重なって感じられました。この小説を書くということは作家として大変優れていますが、主人公もコンビニ店員として優秀。努力は最大限でも、最初はそれほど優秀ではないという設定でしたが、その壁を人間業とは思われない道筋をたどって越えるという物語だったのではないかなと私は思いました。

「ピッピのくつした」できあがりました。

今日は雷もなりましたが、メンバーみんなの協力により「ピッピのくつした」第21号をついに発行。編集長ミズタマさん、編集委員のみなさん、お疲れ様でした~!!

f:id:machienpro13:20170719005138j:plain

打ち上げも無事終わり、帰ってきました~。

ピッピのくつしたでは、今週の金曜日(21日)の午前中は演劇ワークショップ、午後は村田紗耶香「コンビニ人間」の読書会をします。そのときに新しい号も配りますのでお楽しみに!!

明日、読書案内「ピッピのくつした」第21号を発行します。

尋常な暑さではありませんが、皆さまお元気でお過ごしですか?

それから、編集委員のみなさま、編集作業お疲れ様でした。いや、今夜、まだ最後の追い込みが残っていますね…(汗。

f:id:machienpro13:20130719222140p:plain

明日の印刷と製本、よろしくお願いいたします。その後、打ち上げもあります。飛び入り参加もありですので、次号の編集委員をしても良いかなと思う方なども是非はいらしてください。

ポエケット2017

昨日は江戸博で開催されたポエケット2017に行ってきました。

夫の詩の同人誌「ポエムロゼッタ」のブースのお手伝いをしつつ、私の個人詩集もおいてもらって販売しました。

宣伝が少ないせいか……すみません、私も宣伝してませんでした<(_ _)>……年々お客さんが減っているような気がします。それでも、予想より売れた気がします。応援にきてくださったかたがたに感謝。

f:id:machienpro13:20170710104112j:plain

気がします。

f:id:machienpro13:20170710103748j:plain

お昼には来てくださった方々とちゃんこ鍋を食べました。最近バテ気味で食欲がなかったはすなのにたくさんいただきました。

f:id:machienpro13:20170710104402j:plain

会場では昼と夕方にリーディングイベントも。

f:id:machienpro13:20170710104511j:plain

夕方、大急ぎで片づけてポエムロゼッタ編集長を囲んで打ち上げに。ひとつのイベントが無事終了して安堵。

ピッピの発行ももうすぐです。乞うご期待!

ピッピ編集会議

昨日は編集会議でした。

読書案内「ピッピのくつした」も20年近くやっておりますので、メンバーもだんだん年をとるわけですね。みんなで果物やお菓子をいただきながら、膝が痛い、肩がこるなど文句を言っております。

f:id:machienpro13:20170709004540j:plain

痛いのは「このへんですか?」など若いメンバーにさすっていただきながらも、編集会議は朝から晩まで続いたのでした。さあ、ラストスパートです。

f:id:machienpro13:20170709004555j:plain

忙しくてなかなかブログが更新できなくて、すみません。

明日は江戸博でポエケットです。

おやすみなさい。

ライオン――25年目のただいま

忙しさにかまけているうちにどんどん日が過ぎて行ってしまいます。恐ろしい……。

書こうと思って書いていなかったことを。

これからの時代、世界に通用する思考力をつけることが教育では大事なんだろうねぇと息子としゃべっていたところ、彼が言うには「思考力をけるには、子どものうちに思い切り自由に遊ぶことで、中学生以降は読書だよね」と。確かにそうなんですが、そういうことって、経験がない人にはわからないし、経験があってもある閾値に達していないとわからないのかもしれません。

読書会の効果は絶大だと思うのですが、まあ、そんなことは誰も言いません。学校教育ではノウハウを学んで、正解を求めることばかりしているので、読書会でも、人によっての読み方の違いを楽しむことがなかなかできません。ついノウハウを学んでしまうのでしょう。ノウハウを学ぶから思考力が育たないんですが……。

そんなことを考えていた先週末、ふと思い立ってひとりで映画に行きました。実話をもとに映画化した「ライオン――25年目のただいま」という作品。インドで5歳のときに迷子になったサルーはオーストラリアに養子にもらわれていって成長するのですが、立派な若者になってから突然、忘れていた過去を思い出すのです。

↓こんな写真しかありません。ぎりぎりで入れました。満席でした。

f:id:machienpro13:20170705132933j:plain

実話だからというわけではなく、長く生きてくると過去のちょっとした事柄がその後の人生を大きく変えていくということを幾度か経験しているので、心揺さぶられてしまうのかもしれません。自分のこととして想像してしまうのです。また、幼い少年の前向きさが伝わってきて、なんとも懐かしい気持ちになります。

小さな子どもにとって、迷子になるというのは明らかに不運なことです。それも、うっかり回送列車に何日も閉じ込められてしまい、言葉の通じない街まで行ってしまうのです。一歩間違えればどれほどひどいことに巻き込まれるかわかりません。

でも、そこで彼がどういう行動をとっていくのかというところが見どころだと思いました。彼は素直で、どこまでも前向きなのです。自分自身を信頼しているので、常に自分で考え、最善の選択ができるのです。

そのへんはかなり細部までうまく描かれていました。彼の心持ち、彼が何を大事にし、何を基準に判断しているか。たぶん、彼はどんな環境でもサバイブできる可能性が高かったのだと思います。

結局、思考力って、こういうことなのではないかと思いました。

実の母、育ての親に対して持っている彼の深い愛情にもグッときてしまいました。それはもう、愛されるはずですよね。そして、周囲の人や身近な物事に対しての愛情こそが世界と関わりながら問題解決していくための思考力の源ではないでしょうか。

編集会議でした。

今日は場所を変えて、繁華街から離れたところでの編集会議。肝心なところにほとんど参加できずにすみません。そのちょっとの参加中も、森から吹いてくる風が気持ち良くて何度もこっくりこっくり。

f:id:machienpro13:20170630235259j:plain

原稿をチェックするための音読に対抗してか、ウグイスが良い声で鳴いていました。あっちの窓辺、こっちの窓辺と飛び移っているようなのに姿が見えなくて。

帰りに外に出たら、これはムクドリでしょうか。みんなで大騒ぎしながら水浴びをしていました。写真を撮ろうとしたら、みんな飛びたってしまって、残りはこれだけ。

f:id:machienpro13:20170630235210j:plain f:id:machienpro13:20170630235219j:plain

さてさて、編集も大詰めですね。よろしくお願いします。