物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

ワークショップありがとうございました。

8月18日(金)のワークショップは「さんまいのおふだ」からスタート。

エンジンがかかった子どもたちから次々リクエストがあり、わらしべ長者、桃太郎、浦島太郎、さるかに合戦、おむすびころりん、とめいっぱい昔話をとりあげました。子どもたち、昔話をよく知っています。

f:id:machienpro13:20170818102919j:plain

楽しいひととき、ありがとうございました。

f:id:machienpro13:20170818110910j:plain

夏休み企画/演劇ワークショップと読書会

連絡遅くなりました。

もう皆さん、HPや「ピッピのくつした」で確認されているでしょうか。

明日の午前中(10時~12時)は「物語の中に入っちゃおう」シリーズの子ども向け演劇ワークショップを行います。今回はちょっとだけ怖い昔話をとりあげようかと。

ゆっくりウォーミングアップから始めますので、初めてのかた、子どもじゃなく大人のかたもお気軽に参加してくださいね。

午後(13時半~15時半)は、小島信夫の短編「馬」の読書会をします。斬新な小説ですのでみなさんがどんな解釈をされるのか楽しみです。

場所は町田市民フォーラム3階多目的室です。よろしくお願いします。

キノコと時間

このじめじめした天気のせいでしょうか。昨日の夕方みつけたキノコのたまご。

f:id:machienpro13:20170814222450j:plain

半日たって、今朝はこんなふうに成長していました。

f:id:machienpro13:20170815210827j:plain

それから、粘土みたいにくっついたキノコも発見。

f:id:machienpro13:20170815210830j:plain

これはいったいどうなっているのでしょう?と思っていたら、同じ場所を3日前に撮った写真を見せてくれた人がいました。

f:id:machienpro13:20170815211634j:plain

更に、一週間前に撮った写真も見せてもらいました。

f:id:machienpro13:20170815211602j:plain

ええっ、これだったんですね…。

キノコにとっての短い時間ですが、やはり時間の経過には物語を感じてしまいます。

今、アンソニー・ドーアの『メモリー・ウォール』を読んでいます。単行本の扉にルイス・ブニュエルの言葉が引用されていて、なるほどと思いました。

 記憶こそがわれわれの生を作っていることに気づくには、ごくわずかでも記憶
 を失いはじめる必要がある。記憶のない生は、まったく生とはいえない。それ
 は、表現の可能性を持たない知性が真に知性とはいえないのと同じだ。記憶は、
 われわれの一貫性を保つものであり、理性であり、感情であり、さらには行動
 でさえある。記憶がなければ、われわれは何者でもない。

キノコ

今日は湿度が高いなぁと思いつついつもより暗い森を歩いていたら、いつのまにやらキノコがいっぱい。

f:id:machienpro13:20170814222419j:plain

それも、みんな結構大きくなっています。

f:id:machienpro13:20170814222444j:plain

キノコって、妙に目立つというか、うっすら発光しているような気がしますね。

 f:id:machienpro13:20170814222435j:plain

これ、可食のキタマゴダケに似た毒キノコだと思います。傘をめいっぱい広げている。もっと広がっていくと、こんな感じになりますね。

f:id:machienpro13:20170814222502j:plain

そこで、去年、大きなこの種のキノコがあったところに行ってみました。キノコって菌糸が残っているのか、同じところから出てくるんですよね。やっぱりありました。

名前の通り、その前の卵からちらっと出た状態のものもありました。

f:id:machienpro13:20170814222450j:plain

時間の経過ってこういうことなんですね。

すべての見えない光

みなさん、お元気でお過ごしでしょうか?

暑さも少ししのぎやすくなってきたような気がしますが、夏の疲れもたまってきますよね。

昨夜は近所を歩いていて大きなカブトムシと鉢合わせし、ちょっとだけ遊んでもらいました。少々ご立腹のようでしたが、お礼に砂糖水をあげたら喜んでもらえたみたい。

f:id:machienpro13:20170812224517j:plain

今日は、このところ少しずつ読んでいたアンソニー・ドーアの長編『すべての見えない光』を読み終えました。あまりにすごかった…!

翻訳なのですが、もともとの文章の匂いみたいなものが伝わってくる。言葉で読んでいるはずなのに、触覚が刺激されて指で情報を読みとっていくような、肌で物語世界の空気が感じられるような。

f:id:machienpro13:20170804094246j:plain

物語を読み進めるにつれ、情報量が多くなり、読むスピードはゆっくりになっていきました。簡単には読みとらせてもらえなてのです。でも、それが面白い。物語に盲目の少女がからくり箱を開けるシーンが何度もあるのですが、ちょうどそんな感覚。

ようやく読み終えて、物語全体の美しさに戦慄を覚えました。やっぱり物語の中に洋ナシ型のダイヤモンドが出てくるのですが、物語全体が色々な要素がうまく結晶化しているように感じられました。

物語はおもに第二次大戦中のドイツ兵の少年とフランスの盲目の少女の目を通して世界が描かれていきます。二人だけでなく、その他に様々な登場人物が出てくるわけですが、人間はストーリーのためにコマにしてはいけないという作家の強い意志を感じました。だから美しいのでしょうね……。

読んで、元気をもらえました。将来、ノーベル文学賞をとる作家かもしれませんよ。

詩の例会

今日は横浜の県立神奈川近代文学館角野栄子魔女の宅急便』展を見てきました。角野さん自身が絵がお好きでたくさん描かれていること、海外旅行などをした折には文章とイラストで詳細な記録をつけていたこともよくわかりました。記録って大事なのですね。

f:id:machienpro13:20170805234146j:plain

実は、夫がお世話になっている〈福田正夫詩の会〉の例会が文学館であり、誘っていただいたのです。私の小説も読んでくださっていて、本当にありがたいことです。メンバー外では私の他、ネパール人のピアニストの男性も参加されていました。

展覧会を見た後、周囲の観光をして、近くのレストランでビールを飲みました。詩や小説についての創作の話ができて刺激になりました。

これ、レストランの窓から見えた風景です。

f:id:machienpro13:20170806001140j:plain

影裏 すべての見えない光

第157回芥川賞受賞の沼田真佑『影裏』を雑誌「文学界」で読みました。マスコミの情報から予想していた物語とは全然違っていたので驚きました。

選評にマイノリティ文学という言葉がありましたが、そうか日本ではマイノリティってこんなに大変なんだなぁとため息が出ました。というか、それは私も常々感じることで、どこにいってもみんなが気遣い心遣いをしながら団子のように転がっていく中で、ちょっと外れたものを探して攻撃しようという空気があるんですよね。

若い頃は、そういうのは時代とともになくなって世界は広がってくのかと思っていましたが、そう簡単ではないですね。もちろん時代が進んで広がっているところもあるのでしょうけれど、しぼんでいる箇所もありますからね…。

小説には釣りのことがあれこれ詳しく語れていました。先日来はまっているアンソニー・ドーアの小説にも、ちょうど釣りのことが書かれていたので、比較して面白く読めました。

今読んでいるのは『すべての見えない光』です。この本の表紙の写真、なかなか好きです。

f:id:machienpro13:20170804094246j:plain