物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

今読書会、2月26日三島由紀夫『金閣寺』

先月の読書会、遠野遥『破局』の宣伝も報告もしていませんが、今月の読書会も迫っているので先にお知らせします。
2月26日(金)の読書会はいつもどおり13時半から町田市民フォーラム多目的室にて行います。テーマは三島由紀夫金閣寺』です。
午前中は、お茶持参お茶会もあります。
f:id:machienpro13:20210221125556j:plain
中学生のときに最初に読んで、その後も何度か読んだのかな手持ちの文庫は買い換えた平成元年刷りでした。でも、だいぶ古いわ😥

実は、先月末に父が他界しました。余命宣告をされていたとは言え、80代にはまったく見えない元気さだったので、気持ちがついていけません。痛みも苦しみもなかったのは良かったけど、本人も「え、なんで?」と最後まで思っていたのではないかな。肝硬変というのはそういうものなのかな…?
何を読んでも父のことを思い出してしまうのですが、今『金閣寺』を再読していて色々な意味で驚かされます。

エンジン・サマー読書会報告

日々の生活に追われているうちにすっかり年の瀬。
年齢が同じくらいなので仕方ないですが、両親と義理の父と皆それぞれ不調を訴え、特に父が深刻な病と診断され、余命宣告までされてしまいました。
以来、意識の何割かが常にそちらに使われている感じです。色々対策して頑張っています。
私はそんなに父のことが好きだったのかな? と首をかしげるけど、医師の言葉を信じることができず、なんとか元気になってほしいと思っている自分がいます。
f:id:machienpro13:20201230152408j:plain
今月の読書会のテーマ本はジョン・クロウリー「エンジン・サマー」でした。取り上げるのは2度目なので再読の参加者も多く、それぞれ自分に引き寄せなんとか噛みきれて味が出てきたかなといった感じです。

この本は、SFエンタメ小説っぽい始まりかたをするのでつい油断してしまうのですが、実はすごく複雑にできています。
主人公〈灯心草〉が生まれた迷路街から物語は始まりますが、直線的にストーリーを語る一方、不可思議なエピソードを含むいくつもの枝道が絡まりあっています。まるで迷路街の道が蛇のようにとぐろを巻きつつ、蛇の手なる無数の枝道があるように。
〈灯心草〉も、メインの道よりも枝道の方が大事だと語ります。

この迷路街の少年〈灯心草〉はかなり原始的な生活をしていますが、彼の話を聞く少女は天使に属する文明社会の人間。たぶん読者である私たちに近い存在です。読者は、彼女の立場でかなり不思議な〈灯心草〉の話を聞くことになります。

迷路街にはファイリングシステムなる透明な硝子板を重ねて絵を見るシステムがあり、読者も〈灯心草〉〈少女〉と自分等、いくつもの硝子板を重ねて読むことになるのでしょうね。

たとえば私は、父のことに心を奪われていたので、〈灯心草〉とその父親〈七つの手〉のやりとりを興味深く読みました。

父親は部落を出て外の世界に旅立ちたいとずっと明言しているのですが、それが父と息子の関係に結び目をつくっている。というか、それが結び目の存在を知らしめるものなのかな。
結び目というのは、嫉み妬み等コミュニケーションの流れを滞らせる負の感情でしょうか。

〈絵の具の赤〉という老婆のアドバイスから〈灯心草〉は、父に一緒に連れていってくれと頼みます。繰り返さず本心から一言で。

父親にまず足慣らしの遠足に誘われて、2人は出かけます。その足取りはどう考えても父親の方が確かなのですが、行動を共にしているうちにお互いが感じとっていきます。外の世界に旅立つのは息子の〈灯心草〉だとお互いが理解するのです。
たぶん、もともとそうなんですよね。そこを見ないようにして、お互いがお互いを意識しすぎて結び目ができてしまっていた。結び目がほどけるとお互いがお互いを思いやれるようになる。
そういうこと、あるなぁと思いました。

2人の結び目がほどける瞬間を、自分の今経験しているまったく違う出来事と重ねてリアルに感じました。

物語の面白さってこういうところにありますね…

小説『家族旅行』

もうひとつお知らせ。
抒情文芸(2021年冬号)に小説を載っけてもらえました。私のは『家族旅行』、それと読書会メンバー平野みどりさんの『神ケ池の伝説』です。
平野さんの小説、どんなのだろう、今から読みます。楽しみ♥️
読書会では、作家目線の話も多く面白いですよー!!と宣伝してみたりして(^o^)/
f:id:machienpro13:20201208120613j:plain

エンジン・サマー読書会

今月の読書会のお知らせがまた遅くなってしまって申し訳ないです。
テーマ本は、ジョン・クロウリー『エンジン・サマー』(文庫版)です。来週12月18日(金)13:30~、市民フォーラム多目的実習室にて。参加費500円。
午前中は無料のお茶会もあります。お茶は持参をお願いいたしますm(_ _)m
f:id:machienpro13:20201208122141j:plain
実は、今まで元気だった親が突然不調になり、病院に付き添ったり介護申請をしたりあたふたしています。夢中にり、熱くなっている自分にちょっとびっくり。親が自分と一部を共有しているという実感もあり、血の繋がりってそういうことなのかなぁと妙に納得している今日この頃です。

図書館に展示してます

今年は残念ながらコロナで図書館まつりのイベントができないのですね。展示だけはあるようです。
休館日の昨日、メンバーの皆さんがピッピの展示をしてくれました。今日からです。今、仕事前に急いで見てきました。
f:id:machienpro13:20201117145947j:plain
エスカレーターに乗って写真を撮るのはなかなか難しいです(>_<)是非、実物を見てくださいね(^o^)/

屋外の美術展

昨日は友人たちと屋外の美術展に行きました。日差しが暖かで、歩いていると汗をかくくらい。
コロナ禍。2月3月の頃は、ドアノブにウイルスが付着していつまでも生き残るということがさんざん言われたので、消毒に神経質になりました。が、その後の色々な事例を知るほど、換気をしないのが一番危険とわかってきます。考えてみたら、肺にウィルスを吸い込むと肺炎になるわけですよね。
屋外の美術展というのは、外の空気を吸って日差しを浴びられ、運動にもなり、知的好奇心も満足させられ一石二鳥にも三鳥にもなるなぁと実感しました。
f:id:machienpro13:20201114131544j:plain
わあっと、駆け寄ってしまいました。表情の深さが森の中で見るとすごく引き立ちます。
遠くから見て引き立つ場合もありますね。
f:id:machienpro13:20201114133639j:plain
友人たちはこのガラスの作品はどうやって作られたのだろうと語らっています。
f:id:machienpro13:20201114122258j:plain
夜の間に鑑賞に訪れた獣に齧られた作品もありました。よほどリアルだったのでしょうね。なんか包帯巻いてる。
f:id:machienpro13:20201114121603j:plain
ピッピのメンバーである立川真理子さんの作品も展示されています。
f:id:machienpro13:20201114131035j:plain
f:id:machienpro13:20201114131118j:plain
これ、ミルククラウン(水の波紋)ですよね。作品の周辺の渦巻きがなんともリアルで、ぞくぞくします。公園の東屋で、雨の中、読書案内『ピッピのくつした』の編集会議をしたことも思い出しました。
立川さんに聞いたら、ノーベル文学賞をとったトカルチュクにも影響うを受けているかもと。『プラヴィエクとその周辺』かなぁと想像してしまいました

帰りに寄ったカフェも屋外でした。気持ち良い。
f:id:machienpro13:20201114150047j:plain

帰り道では、自宅近くでこんな展示がありました。びっくり~。
f:id:machienpro13:20201114171727j:plain
f:id:machienpro13:20201114171710j:plain
あら、テント?
f:id:machienpro13:20201114172154j:plain
工夫すると、色々と楽しめることもあるかもしれないですね(^o^)/

そうそう、一昨日は小学校の作品展にも行ったのです。換気対策をしっかりした体育館も安心感ありました。
作品はどれもとてものびのびしていて、本当にこういう表現活動こそが今の日本には必要だなと思いました。
f:id:machienpro13:20201113173859j:plain
f:id:machienpro13:20201113180545j:plain
f:id:machienpro13:20201113174045j:plain
f:id:machienpro13:20201113180830j:plain

児童文学

アメリカの大統領選挙が潜在意識に引っ掛かっていたのかわかりませんが、最近、続けてアメリカの児童書を読んでいました。
f:id:machienpro13:20201115132645j:plain
最初はこれ。通っている小学校の図書室の新着本としてブッカーをかけたのですが、あまり子どもたちに手にとられないのが残念で、自分で読んでみました。
開拓時代のアメリカ。家族を迎えに戻った父親がなかなか帰らない中、1人で1年近く小屋を守る少年の物語。命の危機にも直面しますが、インディアンの族長と孫に助けられます。その後、お礼にその孫の少年に英語の文字を教えるようになりますが、むしろその地域で生きる術を色々教わる。作者がこんな風だったら良かったのにと想像した物語なのだとか。本当にそう思いました。
続けて同じ作家エリザベス・ジョージ・スピアの本を探してみました。図書館の書庫にあるのをみつけたのがこれ。
f:id:machienpro13:20201115133626j:plain
古めかしく恐ろしげな…というか、いかにも読みにくそうな装丁。実際、最初は読みにくかったのですが、物語に入り込むと物語の吸引力にぐいぐい引き込まれました。
魔女裁判があった時代のお話です。何の罪もなくただ信仰の違いから町外れに追いやられているおばあさんに対して、町の人々が悪意を向けていく様子はあまりにリアルで怖い。そのきっかけは、コロナのような何かの伝染病です。おばあさんの家は、人々に燃やされてしまいます。主人公の少女の勇気ある機転でおばあさんの命は助かりますが、人々の怒りは行き場を失い、少女に向かう…。
奴隷解放の物語も読んでみました。こちらはフィクションではなく、ドル紙幣に肖像が使われるとニュースにもなった、ハリエット・タブマンの伝記です。
f:id:machienpro13:20201115134933j:plain
ハリエット・タブマンはちょうど今から200年前にアメリカで奴隷の子どもとして生まれています。父親が誰であっても、白人であっても、奴隷の母親から生まれた子どもは奴隷だったそうです。奴隷は誕生日は記録されず、文字を学ぶことも禁止されていたそうです。
本の中にあった、南北戦争前の自由州と南部奴隷州の地図、今回の大統領選挙の得票地図とやはり重なっているんだなぁと思いました。