物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

サークルを続けるためのノウハウ

1月15日、公民館で小さなお子さんを持つお母さんたちに「サークルを続けるためのノウハウ」という話をしてきました。私もかつてあまりに大変な子育ての中で助け合える仲間を求めるあまりにサークルを作った経験がありますので、少しでもお役に立てたら嬉しいなという気持ちで引き受けました。

いただいたお題に沿うとしても、どういう切り口にするかによって内容は変わってきます。20年前、自分がサークルを立ち上げる時に知りたかったことに絞って、できるだけ手短に話してみることにしました。

内容はおおまかに分けて2つ。

ひとつは、サークル〈ピッピのくつした〉の紹介。規模、形態、性格、活動はどのような経過をたどって現在にいたったか。

もうひとつはサークルを立ち上げる時に具代的にどんなことが必要だったか、何を参考にしたかということ。また、その後も気をつけていること。続けていくコツのようなこと。

今回のレジュメを書いていて、また実際に話をしていて愕然としました。それが日常になっているのであまり意識していなかったのですが、サークルを続けるためにいつも自分が体を張っていることを実感しました。生活の中でかなり優先順位が高いので、確かに、サークルのためにはたいていのことを犠牲にしてしまいます。

ほぼ見返りのないボランティアとして活動していることなので、自分の気持や動機に忠実に、決して無理をしてはいけないとメンバーに言っているにも関わらず、自分では無理をしているのですね。

もちろん、その結果としてびっくりするほど自分の能力が高まったということがあります。高まったのは物事を多層的に見る力で、小説が書けるようになってしまった。でも、あくまでも結果としてです。

公民館の講演でもやはり、一番大事なのは自分自身の純粋な動機だと話しました。本当にやりたいと思う気持ちがなければ続かないと。サークルとしてもその活動を続けていくための意義が必要ですし、参加している個々人にも純粋にその活動をしたいという動機が必要です。

お話をした後に質疑の時間があり、そこでも個人的に負担がかかりすぎているのではないかという質問がありました。負担があってもやるだけのプラスの動機があるし、負担軽減のために意識して活動と生活を分けているというようなことを答えたのですが…。

でも、私がそのしんどいことを20年もやっている具体的な動機は何だろう? 

講演をしたあと、そんなことをぐるぐる考えながら、メンバーであるプー子さんのお誕生日のランチに駆けつけました。サークル活動ではなく、プライベートな5人でのランチだったのですが、その場にいる自分がとてもリラックスしているのに気づきました。

リラックスしていると、口から出る言葉の多くが疑問形なのですね。〇〇って何だろう?どういうことなのかなぁ?どういう意味? それに対して他のメンバーが、こういうことじゃないかな、こう考えるといいんじゃないかな、など答えています。

それで正しい答えが得られるわけではないのですが、色々な方向から見たときの印象を教えてもらうことによって、その不可解だったものが立体として少し把握できるようになってくる感覚があります。それがすごく自然だし、落ち着くのです。

たぶん家族でいるときに母親という役割を常に持っていなければならなかったり、利害が関わっている仕事でも役割を担わないといけないので、なかなか純粋な疑問を口に出せないのですが、サークル集団は純粋に信頼関係で成り立っているのでそれが口にできるのだなぁと思いました。

つまり、サークルとはものごとを前向きに考えるためのひとつのシステムかもしれない、と思ったのです。サークルって、生きるために必要な、わりと原初的な人間の営みなのかもしれないなと思いました。

今年最初の読書会のお知らせ

読書会は1月18日(金)13時半から。石井遊佳百年泥」について語り合いたいと思います。場所はいつもの町田市民フォーラム3階多目的室です。参加費は資料とお茶お菓子と込みで500円になります。直接お越しください。

午前中10時からはリフレッシュお茶会もあります。参加者のご意見により、こちらは本腰を入れてリフレッシュすることを目的に開催することになりました。愚痴でもなんてもおしゃべりしにきてくださいね!

安心してしゃべれるように、ここで話した内容は、原則として外部に漏らさないお約束になりました。

今年も、ピッピの活動を、よろしくお願いします!

新年

あけましておめでとうございます!

例年通り、家族で年明けてすぐ初詣に行ってきました。普通のことなのですが、家族そろってお参りできることを、今年はしみじみ有難いと思いました。当たり前のことを有難いと思う年頃になったのか、それともそういう時代になったのかわかりませんが。

f:id:machienpro13:20190102221756j:plain

けれども、読書会では惰性に流されず、今年も意欲的に新しいところを開拓しつつ、深く掘り下げて参加者の皆様の実生活に役立てるよう心がけていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

岡本太郎美術館

この十年くらい美術館にほとんど行かなくなってしまったなぁと思っていたのに、今年はなぜか美術館に行くことが多かったなぁ思い出しています。そういう時期なのでしょうかね。

f:id:machienpro13:20181228124736j:plain

ムンク展の衝撃があまりに強くて書き忘れていましたが、岡本太郎美術館も印象に残っています。初めてではなく何度目かですので勝手知ったるルートをゆったり歩きつつ、縄文のことが頭にあったので今回はそのことに注目して見ました。

f:id:machienpro13:20181228124821j:plain f:id:machienpro13:20181228124758j:plain

岡本太郎氏が撮った縄文土器土偶の写真も展示してありましたし、縄文からインスピレーションを得たのであろうと思われる作品もありました。と言うと切って貼って真似していると誤解されそうですがそうではありません。

それは縄文的な自分の血の中にある取り外しようがない私たちに共通の感覚と、そこから自由になろうとする個人の表現とがからまっていてしっくりくるのです。そういう感じというのは、表現する時に常に意識することだなぁと。この日は寒かったので、カフェのコーヒーで温もりながらしみじみ思いました。

f:id:machienpro13:20181228124639j:plain f:id:machienpro13:20181228124845j:plain

私はやはり美術のほうが自分のセンスとしては把握しやすいので、ああこの感覚だなぁと手に取って触っているような気持になりました。もちろん私が現在表現しようとしているのは文学なので、そのようにはなかなか把握しきれていませんが、この感覚はあるのです。それを意識できたこと、とても良かった。

f:id:machienpro13:20181228124904j:plain

ショップでは文庫を買いました。

クリスマス会

昨日は友人Fちゃんが入っている埼玉の施設で、ささやかなクリスマス会をした。私の頭の中で勝手に思っているクリスマス会だけれど。

昔、男女10人くらいの友人だちと毎年クリスマス会をしていたのです。最初は中学のクラスでやりたいと提案したのだけれど担任に却下されたので、反抗してメンバーを募って開催したのが最初だったかと。

それをいつまで続けていたのだったか、私は誘われた側だったので忘れてしまった。地元に残った友人MとFちゃんと2人で一昨年まで開催を続けていたという話を聞いたときは申し訳ないと思った。

一年半前に倒れて車イスとなったFちゃん。言語野のある左脳は無事だったけれども、右脳に損傷を受けた。ショックもひどかったけれど、それだけではない。会話は普通にできても、心が動いていない感じ。会話はまったく続かない。

ここのところ、しゃべるのも一語文になってしまって、その単語も不明瞭で聞き取れない。何度も聞き返さないとわからない。昨日は前回行った時よりも更に不明瞭になっていて愕然とした。友人Mは「はっきり言え!」と容赦なく言う。Fちゃんも伝わるまで何度でも言う。私たちは下町の人間なので歯に衣着せず心でしゃべる。

あれ、Fちゃん変わったなと気づいた。心が動いている。無気力ではなくなっている。一生懸命言葉を伝えようとしている。

昔の友だちというのは不思議なもので、子ども時代からの微妙な癖を知ってからなのか、Fちゃんの気持ちの動きが今までよりも理解できる。そうすると表情に意味があることが見えてくる。ちょっと我慢していているなぁとか、気を遣っているなぁとか。友だちや知り合いにものすごく会いたがっていることもわかる。

一応ちょっとしたプレゼントを用意していった。最近健康を気遣っているMには海藻類の乾物。Fちゃんにはネコとウサギがくっついたモコモコの靴下。「これ、いる?」と私。Fちゃんは「あなたが選んだものにしては珍しく可愛いじゃないのよ」という顔をする。それは久しぶりに見る彼女らしい表情だった。

Fちゃんにとってこれからますます大変だと思うけれど、頑張って。

f:id:machienpro13:20181223234547j:plain

帰りに途中下車した新宿で、友人Mにもらった苺と生クリームのサンドイッチを食べる。施設では食べそこなった。あっという間に夜になる。

今年最後の読書会、ありがとうございました。

リフレッシュお茶会はお茶菓子もクリスマス仕様。

f:id:machienpro13:20181222095330j:plain

「マッチ売りの少女」の話では、今の子どもはマッチを擦れないけれどもこのお話は理解できるのだろうかと。マッチを擦って暖をとるということが想像できないとお話が体感できないねという話に。私たち大人にとっても、マッチを擦る体験は遠くなりました。石油ストーブ、石炭ストーブなどの体験談にもなりましたが、今年最後のお茶会ですので、参加者のそれぞれ個人的なことを語り合いました。

「犬を連れた奥さん」は、チェーホフの作品としては恋愛があまりに熱すぎて火傷をしそう。チェーホフが恋愛をして結婚した頃に書かれている作品なので、そういう気持ちがリアルなのでしょうね。実際の結婚生活は仕事の関係で別居でしたし、チェーホフ結核で亡くなってしまったので3年しか続きませんでしたが。

読書会では、ついつい作品から離れてつい個々の若い頃の恋愛体験談になりました。皆さん共通の意見として、恋愛と結婚は別と。そうかもしれないですね。

 

12月の読書会は21日です。

今月の読書会はチェーホフの「犬を連れた奥さん」をとりあげます。参加する方は、どなたの訳でもお好みのものを読んできてください。

12月21日(金)13時半より15時半くらいまで、町田市民フォーラム多目的実習室にてお茶とお菓子をいただきながら行います。

レポーターによる作家の経歴、あらすじの確認、感想等の発表のあと、そのレジュメを参考にして参加者で話し合いを始めます。レジュメに沿って進むこともあれば、メンバーの誰かが気になった箇所にポイントを絞って深く読み解いていくこともあります。

どこに行きつくかはそのときのメンバーによります。なかなかスリリングですよ~。

参加費は500円です。


午前10時から12時くらいまでも、同じ場所でリフレッシュお茶会をします。こちらは情報交換と癒しのためのおしゃべりが目的ですので、もう少し肩の力を抜いてまったりと過ごす時間です。

一応テーマがあったほうが良いかと、今回は「マッチ売りの少女」についておしゃべりしようかと。時間があったら、午後にとりあげるチェーホフの短編「ワーニカ」か「眠い」を朗読してもいいかなぁと思っています。

こちらもお茶とお菓子がありますが、参加費は無料にしています。

 

初めてのかたでも直接お越しください。ピッピのメンバーになって参加してください。よろしくお願いします。