読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語とワークショップ

ピッピのくつした/まちだ演劇プロジェクト

横尾忠則HANGA JUNGLE

今日は息子と国際版画美術館で今日から開催の「横尾忠則 HANGA JUNGLE」展に行ってきました。

f:id:machienpro13:20170422223824j:plain

目にしたことがある作品が意外に多いものだなぁと思いつつも、構図と色使いの面白さにすっかり魅せられてしまいました。思っていたより素直でストレートな表現が多く、見ていて気持ち良く、ハッピーになれました。

f:id:machienpro13:20170422223748j:plain

怪しげなものがたくさん盛り込まれてはいるのですが、健康的でまっとうな色使いにむしろ癒されました。

f:id:machienpro13:20170422223817j:plain

f:id:machienpro13:20170422223802j:plain

f:id:machienpro13:20170422223810j:plain

やはり美術というのは人を元気にするものですねぇ。

読書会、総会&懇親会、ありがとうございました。

昨日は2つの読書会を挟んで、総会&懇親会(豚肉白菜鍋)でした。重いお鍋と具材を運んで用意してくださった方々、ありがとうございました。…それにしても、大きな2つの鍋があっという間に空!!

参加者40代、50代、睡眠時間が少なく、体力消耗している主婦が多いそうですので、栄養補給が必要なのでしょう。疲労で体調を崩されているかたも多いようですので、気をつけてくださいね。

そんな時間の前後にややボリュームを落として開催した2つの読書会でしたが、どうしてどうして、両方とも発見多い時間となりました。

午前中はエリック・カールの絵本の読書会。

そうそう、ちょうど今日から世田谷美術館エリック・カール展が開催されています。初日の今日はサイン会もあるそうですよ。

まず「パパ、お月さまとって!」の絵本の朗読から始まり、読書会参加者のみなさん、様々な絵本を持ち寄ってくださったので、ページをめくって比べてみました。印象としては、やはりアート寄りの絵本なのだなぁと実感。表現のアプローチアートが言葉によるものと視覚美術によるものの違いが見えてきました。

まだ小さいお子さんにも理解しやすいのは、そういうわけなのですね。でも、言葉によらない情報がたっぷり入っているのですよね。「はらぺこあおむし」は私たちのワークショップでも使いますが、そのあたりが演劇ともマッチするのでしょうね。

午後の読書会は芥川龍之介羅生門」です。高校1年生の教科書にも載っている作品。みなさん何度も読んでいる作品だと思いますが、あらためて読んでみて、大人になる瞬間を、かなり強烈な情景とともに鮮やかに切りとった作品だということがわかりました。

実は、息子が高校に入学した時期に「羅生門」を音読しているのを耳にして、あっと驚いた経験があるのです。良く知っている作品でしたが、深く読まないでストーリーをなぞるだけではまったく意味がないんだなと実感しました。リンゴの写真だけ見たことがあっても、食べてみなければ何もわかりません(栄養にはなりません)よね。

これはいつか読書会をしなければ、と思っていたので、今回取り上げることができて良かった。大人へ向かう第一歩を踏み出す高校生の教科書に載っているという意味もよくわかりました。

読書会あれこれ

深夜になって、だいぶ強い雨が降っています。季節の変化は激しいですね。

 

▶文学館の展覧会関連イベントとして、3回連続の流動的読書会を開催します。どなたでも無料で参加できます。朗読の後に読書会をしますので、作品は読んでこなくて大丈夫です。当日、直接ぶらりとお越しください。

《《 流動的読書会 》》

文学館ことばらんど2階展示室 18:00~19:30

4月28日(金)安部公房「魔法のチョーク」

5月26日(金)ミランダ・ジュライ「水泳チーム」

6月16日(金)梶井基次郎檸檬

 

▶ピッピのくつしたの読書会の予定もお知らせしておきます。こらは会費(何回参加しても年間千円)です。楽しくやっていますので、気楽に参加してください。

《《 子どもの本の読書会 》》

町田市民フォーラム3階 多目的実習室 10:00~12:00

4月21日金)エリック・カールの絵本(この日は総会のため11:00まで)

5月26日(金)絵本「きみの行く道」ドクター・スース

 

《《 ささやかだけれど役にたつ読書会 》》

町田市民フォーラム3階 多目的実習室 13:30~15:30

4月21日金) 芥川龍之介羅生門

5月26日(金) 村田沙耶香コンビニ人間

6月23日(金) 高橋源一郎「文章教室1」(『動物記』より)

 

▶総会&懇親会のお知らせ

今年度のピッピのくつした総会&懇親会を4月21日(金)11:00から行います。

白菜と豚肉のお鍋を用意いたします。食べるための器と箸はご持参ください。

(おにぎりなど主食を持参すると良いと思います。)

Novel 11,Book 18

今日はついに恩田川に花見に行ってきました。うわさには聞いていましたが、みごとです。

f:id:machienpro13:20170412113500j:plain

本当に、満開ですね。

f:id:machienpro13:20170412112500j:plain

f:id:machienpro13:20170412215737j:plain

f:id:machienpro13:20170412113400j:plain

なんと、カラスも花見をしていました。

f:id:machienpro13:20170412112700j:plain

川沿いに歩いて、道端のベンチで休憩しながら優雅に読書もしました。

先日、村上春樹訳『結婚式のメンバー』を面白く読んだことに気をよくして、もうひとつ春樹訳の本、ノルウェー作家ダーグ・ソールスターの『Novel 11,Book 18 ノベル・イレブン、ブック・エイティーン』(中央公論新社 2015)を読みました。

f:id:machienpro13:20170412214400j:plain

主人公は50歳になったばかりの男性。物語はかなり普通な感じに始まるのですが、その普通な感じでは考え難いアクロバティックな展開があり、かと言って物語の空気を乱してもいない。こんなのアリか?と、その展開になかなかついて行けないうちに、それが伏線になっていて、次の宙返りに。ラストには度肝を抜かれました。

訳者あとがきには「とにかく不思議な小説」と書いてありました。不思議というかなんというか…そんなに悠長に感想は私には言えませんが、それは私が同じ年頃で同じような問題意識を持っているからなのかもしれません。

ノルウェー表現の自由があることを感じました。

花冷え

桜がこんな時期まで見られてうれしいですが、冷えますねぇ。

とはいえ、今年はゆっくりお花見をしていません。時間があるのは暗くなってからだったり、雨が降っていたり。そうだとしても、見上げると、桜というのは不思議なものだなぁと感じられます。

f:id:machienpro13:20170408183900j:plain

桜を見て私がいつも思ってしまうのはジョン・クロウリーの「エンジン・サマー」という小説。そこに出てくる〈パン〉という宇宙から持ち込まれたらしい植物です。ある時期にピンクの泡ができるのです。軽い幻覚作用があり、未来の人々がそれを乾燥させてパイプにつめて吸うのです。

桜も見上げていると、ハイになってくるような。

そろそろ編集会議

★お知らせを3つほど

〇 読書会案内「ピッピのくつした」の第1回の編集会議を明日、4月7日(金)10:00~12:00に行います。場所は読書会と同じ多目的自習室です。
どうぞお気軽にご参加くださ~い。

〇 今年度のピッピのくつした総会を4月21日(金)に行います。10:00からのエリックカールの絵本の読書会の後、11時頃から始めたいと思います。皆さま、出席をお願いいたします。

➡総会後の懇親会に、鍋を囲みながら、日頃のあれこれについて語るというのもありますので、お楽しみに。

〇 若者でなくても「流動的読書会」(もちろん若者も歓迎)を4月28日(金)、5月26日(金)、6月16日(金)18:00~19:30に行います。場所は文学館ことばらんど2階展示室になります。(「本の雑誌 厄よけ」展のイベントのひとつです。)➡詳しくはまたお知らせします。

 

結婚式のメンバー

村上春樹氏の新作「騎士団長殺し」は読んで良かった。2011年以降の文学表現には期待しつつもなんとなくもやもやしたままの状態の私には、だいぶすっきりした読後感でした。

続けて、カーソン・マッカラーズ村上春樹訳)「結婚式のメンバー」を読んでいますが、これはまた違った意味で面白いです。

思春期12歳の女性の気持ちを事細かに描いた作品です。「騎士団長殺し」に出てくる少女と比べて読んでいます。

f:id:machienpro13:20170404121800j:plain